ニキビケアの基本、保湿はこんなに大事!

ニキビケアの基本、保湿はこんなに大事!

ニキビには、一見効果がなさそうな保湿。
油分を出来るだけ取り除くようなケアをしている人の中にはニキビが治らず悩んでいるという人も居るでしょう。そういった人は、保湿が不足しているということがあります。

ニキビの原因は、その多くが肌の油分が多すぎることにより、皮脂汚れが溜まり、アクネ菌などが繁殖しやすくなることが挙げられます。この油分が多すぎる状態になる原因のひとつとして、乾燥があります。

油分の多い肌は、実は乾燥肌が原因だった?!

乾燥した肌の場合、脳が、肌に油分が足りないと勝手に判断します。
そのため、皮脂を過剰に分泌させてしまうことがあります。
そうなると、肌に油分が多すぎる状態になるのです。

この状態を改善するため、さっぱりとした洗顔料をつかったり、こまめにあぶら取り紙などで油分を取り除くことをしたくなりますよね。ですが、そうすれば乾燥を促すこととなり、結局は皮脂の分泌を止めることが出来なくなる可能性があります。

ですので、油分を抑えるためには、そもそもの原因となっている乾燥を改善させる、保湿ケアをすることが必要なのです。

油分を取り除くケアをしてもニキビが改善されないといった人は、保湿によってニキビが治る可能性が高いですが、
もちろん、中には保湿が逆効果になる肌質の人も居ます。

少しずつ保湿をする回数や量を増やしていきつつ、肌の調子を見ながら保湿ケアをはじめていくと良いですね。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ