ニキビの出来にくい寝室環境をつくる

ニキビの出来にくい寝室環境をつくる

ニキビが出来やすくなる理由の中に、部屋の環境というものがあります。部屋の中に埃が待っていたりすると、そのゴミが肌に付着してしまいます。
汚れが付着すると、その汚れが毛穴に詰まったりしてニキビの原因になってしまいます。

また、乾燥している部屋に長時間いると、肌も乾燥して荒れてしまう原因になります。

部屋は適度な湿度に保ち、清潔にしておくことが大切です。

なかでも寝室は、一日のなかで長い時間を過ごす場所です。
他の部屋よりも特に気をつけて
寝室環境を整えておきましょう。

良い寝室環境づくり

お部屋の中を清潔にするのはもちろん、湿度にも注目したいですね。

乾燥しやすい冬場などはとくに、加湿器などで室内の湿度を調節しましょう。

寝室で気をつけたいポイントとなるのは、部屋の清潔さや湿度だけではありません。
寝具も、ニキビには非常に深く関わります。

枕は直接肌に触れます。しかも、寝ている間ずっとなので、その枕が汚れていれば、顔に汚れが付着してしまいます。
枕カバーを定期的に交換したりして、常に綺麗な状態にしておくと良いですね。

寝室を綺麗にしておけば、睡眠も比較的しっかりと取れるようになります。
質の良い睡眠も、ニキビ対策としては非常に効果的ですので、寝室をよい環境にすることは、ニキビ対策において一石二鳥となりますよ!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ