ニキビをつくらせない!刺激を避ける

刺激を避ける

ニキビの原因のひとつ、肌への刺激。
肌への刺激には、様々なものがあり、日常生活の中で知らず知らずにやってしまっていることなどがあります。

まずは、紫外線。紫外線による肌ダメージも、肌への強い刺激となってニキビの原因になってしまいます。
その次に挙げられるのが、洗顔時に起きる肌への刺激。
つい強い力を入れて洗ってしまうと、肌が摩擦を起こしてしまい、刺激となります。
肌が擦れた部分が炎症となってニキビになってしまいます。

他にも、肌への刺激が起きてしまう場面は色々あります。
前髪があるひとは、その毛先が肌に当たって刺激になってしまうことがあります。
もちろん、前髪だけでなく顔の横にかかる髪にも注意しなければなりません。

ニキビが既にできてしまっている場合は、普段よりさらに刺激に対して慎重にならなければなりません。
ニキビに刺激が加わると、炎症が悪化してしまい、痛みが加わったり、跡になりやすくなったり、治りにくくなったりします。

ニキビを作らせないためにできること

上記のような刺激から肌を守るために、以下のことをやっていきましょう。
外出の際は日焼け止めを塗り、日傘や帽子を被る。
洗顔は優しく撫でるように。
出来てしまったニキビは絶対に触らない
髪の毛先があまり肌に当たらないようにする。

日常の中で気をつけられることは気をつけて、ニキビをつくらせない環境づくりをしていきましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ