ニキビをつくらせない!紫外線対策

ニキビをつくらせない!紫外線対策

ニキビケアにおいて、意外と見落としがちなのが紫外線によるダメージ。
ニキビを悪化させないため、ニキビをつくらせないためには、夏だけではなく、オールシーズン通して、しっかりとした紫外線対策が大切です。

紫外線にはA派とB派があります。実は、このどちらもニキビは悪影響。
A派は真皮の奥にまで届き、コラーゲンなどの肌の潤いを持続させる成分を破壊します。そのため、肌は乾燥状態に。乾燥ニキビの原因をつくります。
B派は活性酸素を発生させる働きがあります。活性酸素が発生すると、肌は抵抗力が低くなり、ニキビの悪化につながったり、色素沈着を起こしやすくなるので、ニキビ跡が残りやすくなったりします。

しっかりとした正しい紫外線対策を!

紫外線対策は、日焼け止めを塗ることが一番良いですが、日焼け止めは毛穴に詰まったり、肌に刺激を与えてしまうこともあります。

すでにニキビがいくつか肌に出来てしまっている場合や、敏感肌の人にとっては日焼け止めによるダメージも避けたいところ。
そういった人は、ニキビ用のものや、肌に優しい刺激の少ない日焼け止めを使用するようにしましょう。

また、日焼け止めは汗で流れることがあるので、汗をかいたと思ったら、こまめに塗り直すこと。
日焼け止めだけではなく、帽子や日傘などでも紫外線を防ぐことを心がけて行きましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ