質の良い睡眠でニキビを無くす

質の良い睡眠でニキビを無くす

睡眠が足りていない、しっかり熟睡できない、眠りが浅い、などといったように、睡眠がきちんとできていないと、ニキビが出来てしまう原因になります。

なぜかというと、睡眠がきちんとできていないと、肌のターンオーバーがしっかり行われなくなってしまうから。そうなると、肌は新しいものに生まれ変わることができず、古い角質や汚れ等

肌にずっと残ったままになってしまいます。
古い肌に残った角質や汚れが炎症を起こしてしまうことで、ニキビが発生するのです。

そのため、質の良い睡眠は、ニキビケアにおいて基本的でありながら、とても重要なこととなります。

ただ寝るだけではダメ。質の良い睡眠を取ろう

ただ単に、たくさん寝ればニキビはできなくなるかというと、そういう訳ではありません。
もちろん、たっぷりと睡眠時間を取ることは大切ですが、あくまでも、質の良い睡眠をとることが必要です。

肌のターンオーバーが活発になってくるのは、22時から2時ごろ。この時間帯に熟睡することができていれば、肌のターンオーバーはしっかりと行われ、肌に良い状態を保つことができます。
忙しくて、長時間の睡眠が取れないという人も、できるだけこの時間帯に眠れるように、生活リズムを整えてみると良いかもしれませんね。

また、眠りが浅い人は、寝る1時間くらいから、部屋を暗くするなどして寝る準備をしっかりしておくことをオススメします。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ