ニキビには3段階の症状がある!

ニキビには3段階の症状がある!

ニキビには、3段階の症状があります。症状の大きさによって分けられ、ケアの方法もその状態によって変えていく必要が出てきます。
まずは、自分のニキビが現在はどの状態であるかチェックしてから、どんなケアをしていくべきか、悪化しないためにはどうすればよいのか、などを確認していきましょう。

3つのニキビ症状

3つのニキビ症状は、軽いものから順に、面皰(めんぽう)、丘疹
(きゅうしん)、膿疱(のうほう)
と呼ばれています。
面皰は、ニキビのこどもと言える、まだニキビになる手前の状態のことです。
毛穴がつまって皮脂がかたまり、毛穴がふくらんでいます。

白ニキビとも言われたりします。この状態であれば、丁寧な洗顔などで改善されることがほとんどです。

丘疹は、いわゆる普通のニキビのこと。皮脂がつまった部分が赤く炎症を起こし、ブツブツと丘のように盛り上がって湿疹のようになっている状態です。
炎症を起こしているので、殺菌作用のあるスキンケア製品などの使用が有効です。

膿疱は、ニキビの中でも炎症が進んだひどいニキビのこと。毛穴の壁が広がり、さらにそこが破れて、炎症が周囲まで広がり化膿してしまっている状態です。

この状態になってしまうと、なかなか治すのが難しくなってしまいます。
スキンケアの改善はもちろん、ホームケアで治らない場合は皮膚科の受診も視野に入れたケアが必要です。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ