シミを無くす成分3 アルブチン

シミを無くす成分

シミに効く美白成分の一つである、アルブチン。
最近は、美白効果を謳う美容化粧水などに配合されているのを、よく目にします。

アルブチンは、シミの原因となっているメラニン色素を生成する為に働く酵素です、
シロチナーゼという、メラニンを作る作用のある成分に直接働きかけるため、シミやくすみを早い段階で防ぐことができるという働きを持っており、美白効果が高くなっています。
アルブチンには、植物からなる天然由来のβアルブチンというものと、人工的に作られたαアルブチンというものとの2種類があります。
どちらも副作用などがほとんどなく、比較的肌に優しいことが特徴です。
αアルブチンは、肌への優しさはβアルブチンより落ちますが、効果はβに比べると、約10倍ほど高くなっています。

ハイドロキノンの誘導体であるアルブチン

実は、アルブチンはハイドロキノンを参考に作られた成分で、別名、ハイドロキノン糖誘導体とも言われています。
ハイドロキノンといえば、肌の漂白剤とも言われるほど高い漂白効果を持った成分です。その反面、副作用が強く現れることがあるので、肌の弱い人には不向きと言われています。
そこで、肌の弱い人のシミケアにはアルブチンのような、肌に優しいものが推奨されています。
ハイドロキノンを使ったことがあるが、肌にあわなかった、敏感肌なのでハイドロキノンは使いたくないという方にはとくにオススメです。

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ